ロコロジのビジネス

地元のために我々にできること

数年の活動の中で、あらためてわかったことがあります。
ライフスタイルが変化した今、いくら新鮮な地魚だと言っても、丸ごとそのまま買ってそれを家で捌き調理する、
という人はそれほど多くはない、ということ。
魚嫌いが増えたわけじゃありません。多くの人々が、魚はおいしく食べたいんです。

地元の新鮮な魚が、オイシイ料理となってお店で食べられる。
あるいは、テイクアウトしてすぐに食べられる惣菜として、ご家庭の食卓に並べられる。

そして、できればそれは、ちょっぴりステキな一皿であって欲しい。

つまり、そこにニーズのタネがあるはず。
地域の魅力的な食材を再発見し、消費者へ届くカタチに再構築する。
さらに、地元の消費者へ届けるカタチを創造する。

地元を再発見し、価値を創造し、新しいスタイルで提供する。それがロコロジの目指すビジネスです。

 

飲食店事業

なによりも気軽に地元のオイシイを体験できるのは、やはりお店での飲食。
ロコロジでは、それぞれにエッジを効かせた飲食店を展開しています。

紅谷町BQバール

平塚鮮魚を使った黒板おすすめ料理たくさんの、安くて旨い洋風大衆酒場がコンセプトのお店です。ロコロジの原点となる1号店。
 

icon_fb icon_hp

平塚漁港の食堂

平塚市漁業協同組合の協力を得て農林水産省の6次産業化認定を受けた平塚鮮魚をたっぷり使ったお店のプロデュース・運営を行っています。ピチピチのお魚いっぱいのメニューが豊富な、TV取材多数の人気店です。

icon_fb icon_hp

BeachBar SUCCA

ひらつかビーチパーク内にあるオープンカフェ。地魚を使ったサンドウィッチや焼きたてハンバーガーなど、施設に併設された売店をステキに魅せるメニューづくりに力を入れています

icon_fb icon_hp

代官町フィッシュファクトリー

大きな加工場を備えたデリカテッセンに、本格的な石窯のピッツェリアとイートインを合体させたお店。レストラン使いはもちろん、デリやピッツェリアのメニューをテイクアウトもOKの、新しいスタイルの旗艦店。

icon_fb icon_hp
※リンクは現在準備中

 

HMR(Home Meal Replacement)事業  〜鮮魚・デリカテッセン製造・販売〜

代官町フィッシュファクトリーを中心に、平塚鮮魚の販売やデリ・惣菜などのフレッシュな一品や加工品を製造・販売していきます。もちろん、店内メニューのテイクアウトも可能です。
鮮魚は、お客さまご希望の方法に捌いたり、調理したりと使い勝手がいいお店を目指します。
また、製造した商品は、今後さまざまなカタチで外販していく予定です。

 

 

 

アーカイブ
loco*logiとは?
地元っ子を表す言葉「Loco」と、地元の流通(Logistics)を活性化したいという思い、そして町の路地(ロジ)にある活気あふれるお店を創りたい、という3つの意味を重ねて、 社名をロコ*ロジと名付けました。
ソーシャル